輸入代行で手に入れる薬の便利さと注意点

女性の手を握る男性

ED(勃起障害)治療薬は、基本的には病院処方になっています。
全国どこの医療機関に行っても保険が適用されず、全額自己負担で薬代を払うことになっています。
また、ED患者は自分の症状を恥じるあまり、受診したがらないというケースも多く見られます。

こういうときに便利なのが、バリフ通販などに見られるネット通販です。
海外で売られている薬を、個人輸入代行業者を通して手に入れる方法です。

個人輸入代行で手に入れるメリットは、2つあります。
1つ目は、医療機関を受診する必要がないので、周りに知られずに薬を入手出来ることです。
2つ目は、病院処方よりも安く買えることです。
ED治療薬はバイアグラのジェネリック薬以外は国内処方されていませんが、ネット通販ならば様々な種類のジェネリック薬を買うことが出来ます。
バリフ通販も、レビトラのジェネリック薬として扱われているものです。

逆に、デメリットも2つあります。
1つ目は、処方箋がないので手軽なぶん、安全の保証が受けられないということです。
ネット市場で出回っているED治療薬には偽物も多く、本物と見分けがつきにくいことも多いです。
安いと思って買ったら、模造品だったというケースもあります。

2つ目は、輸入上のトラブルも服用後の効果や副作用も、すべて自己責任になるということです。
特に注意なのは健康被害です。
個人輸入代行業者はあくまでも輸入を代行するサービス業であって、健康被害に関しては一切請け負ってくれません。
飲んで具合が悪くなったとしても、業者を訴えることは出来ないのです。
医療機関を受診する必要がない、安く買える、という2つのメリットと、安全の保証が受けられない、健康被害が自己責任になる、という2つのデメリットを天秤にかけてバリフ通販を考えましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧